くらや日記について

くらやは瀬戸内海の直島にあります。2010年にオープンしました。

母屋の裏に古い蔵があるので「くらや」という名前になりました。

いつか、この蔵をきれいにして、住み心地のいい空間にするのが夢です。

島では時間がゆっくり流れます。それでもいろんなことが起ります。

世界中のいろいろな国からたくさんの人が来ます。

動物も来ます。例えば、鳥や、鹿や、イノシシ。

鳥は空から、鹿や、イノシシは海から来るようです。

海を渡ってイノシシが上陸すると、町の有線放送で、警戒を呼びかけます。

うちは有線が入ってないので、聞いたことはありませんが、、

また、島の人の話では、ある夜、自分の舟(船?)で直島に帰ってくる時、すぐ近くでぽちゃぽちゃと水の音がするので、そちらを見てみたら、何と鹿が泳いでいたということです。鹿も夜の海をひとりで泳ぐのは心細かったんでしょうね。

毎年、春になると、ツバメがやって来ます。

くらやにも巣があって、去年は同じ巣で2組の家族が子育てをして、無事飛び立っていきました。今年もそろそろそんな季節になりました。

くらやなおしまで起るいろいろなことなどを、お伝えしたいと思っています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing